土日祝日診療中!急患受付可能!!各種保険取扱

Tel:

0467-57-8839

母子感染!?

生まれたばかりの赤ちゃんの口は無菌状態で、ムシ歯の菌などが存在しません。菌は、身近な家族の唾液などを介して感染します。母親が赤ちゃんの世話をすることが多いため、「母子感染」とも言われていました。
菌の感染は、食べ物の口移し、お箸やスプーンの共有、赤ちゃんの口に入るコップやタオルの共有、キスなどのスキンシップが原因と言われています。こういった行為を控えることは確かに大切かもしれませんが、現実問題子育てをする上で完全に控えることは不可能です。
そこでお子様の周りにいる保護者の方をはじめ、ご家族のお口の中も菌のコントロールをすることが有効な対策となります。ご家族で、歯科医院での定期検診で診査や定期的なクリーニングを受けることも、子どもがムシ歯になりにくくする有効な対策です。

歯医者さんに通うのに「早すぎる」はありません。歯医者さんは怖いところではないということが肌で感じ、歯医者さんに定期的に来院し、楽しかったという経験をまず身に着けることが大切になります。楽しく歯磨きなど口腔ケアの習慣は身につけましょう。